イヤホンガイドとは - イヤホンガイドってなに?

Facebook Twitter

イヤホンガイドは、音声の「同時解説」で舞台の進行に合わせてあらすじ・配役・衣裳・道具・歌舞伎・文楽の独特な約束事などを、タイミングよく、楽しくご説明いたします!

歌舞伎、文楽初心者の方には必需品です。歌舞伎ツウの方にもイヤホンガイドファンが多く、ご愛好いただいております。

初めての歌舞伎で、借りる?借りない?イヤホンガイド
オールアバウト、イヤホンガイド紹介記事

4コマまんがでご説明
「初心者に心強い味方」
「ツウもびっくり?!」 <



スタッフブログ
イヤホンガイドの解説が
お聞きいただけます!
歌舞伎・文楽入門ガイド
歌舞伎や文楽を観てみたい
と思ったらこのページ!
よくある質問Q&A
お客様からのご質問と
その回答はこちら
お客様の声

利用者のみなさまから、満足の声がたくさん寄せられています。
ボタンをクリックしていただくと、お客様の声をすべてお読みいただけます。
歌舞伎で大人気!
  お芝居のあらすじは知っていても、イヤホンガイドをお借りすると一層時代背景や色々の事がわかり・・・
  筋書を途中で見られないので、イヤホンガイドがあると流れがよく分かるし・・・
  いつも利用して重宝しています。衣裳や時代背景等、ガイドを聞いていなければ知らないことが多く・・・
  歌舞伎や文楽を観る時は必ずイヤホンガイドを利用しています。楽しさが倍増すると思います・・・
文楽でも一度聞いてみて!
  先日、テレビで文楽を見たときに解説を聞きながら見たら、わかりやすかったので劇場でも、と思い・・・
舞踊では9割がリピーター
  舞踊の“振りの意味”については「身振り手振りが何を表しているかが手に取るように解った」・・・
  舞踊の“ 衣裳”は「これまでは、ただ『キレイネー』だったけれど、着るもの、その色、着付け方で・・・
 

イヤホンガイドについて

イヤホンガイドの概要

イヤホンガイド は、1975年(昭和50年)、当時朝日新聞社から出向していた久門 郁夫(前 株式会社イヤホンガイド社長)が、朝日新聞社、文化庁、郵政省(現 総務省)などの協力を得て、日本の古典芸能および海外演劇、外国音楽などを日本の観客に深く理解し、楽しんでもらうために開発した画期的な舞台解説システムです。
このシステムは、劇場内に簡単なアンテナを張り、解説をいれた微弱な電波をこのアンテナから場内に流すものです。観客側は貸し出された小型のイヤホンつき受信器(イヤホンガイド)で舞台を見ながら同時解説放送を聞きます。
解説内容は、それぞれの分野のベテランが担当します。舞台の動きに合わせて、タイミングよく同時解説を行います。

解説の内容ってどんなもの?
イヤホンガイドの「解説」は、学問の講義のようなカタ苦しいものではありません。
上演中、舞台の進行に合わせて、
・演劇独特の約束事
・登場している俳優の紹介
・物語の歴史や背景やあらすじ
・俳優が演じている役柄
・なじみの薄くなってしまった言葉や習慣
・聞こえてくる楽器や唄・語りの詞
・大道具・衣裳・鬘・小道具の名前や意味
・外国語演劇の場合、日本語版翻訳
などなどが、タイミング良く聞こえてきます。

4コマまんがでご説明
「初心者に心強い味方」
「ツウもびっくり?!」

経験豊富な解説陣が、手を変え品を変え腕によりをかけて解説します。
演劇がより深くより楽しめるよう、バラエティに富んだ番組となっています。
休憩時間には、出演者への「インタビュー」「クイズ」「上演演目についてのより詳しい説明」などを放送。

歌舞伎・文楽の解説員ってどんな人?
日本古典演劇研究家・日本舞踊家・歌舞伎評論家・邦楽研究家など・・・
歌舞伎・文楽が大好きでずーっと見つづけてきた方たちです。
イヤホンによる「同時解説」という分野は、いままでなかった解説のジャンルです。
今、活躍している解説員は独自のスタイルを自分で作り上げてきた、いわば 解説のパイオニアたちです。

解説員の情報はこちら  


外国語版はあるの?
東京の国立劇場、大阪の国立文楽劇場では、 歌舞伎・文楽の英語版イヤホンガイドを貸し出しています。
(ただし、文楽鑑賞教室公演は日本語版のみ。英語版はございません。)
外国で日本の演劇を上演する時は、 現地の言葉の「同時解説」を制作します。

 




イヤホンガイドが紹介されました

 

でしにっき「イヤホンガイドってなあに」

朝日新聞夕刊「イヤホンガイド愛され40年」2015年10月30日
オールアバウト「初めての歌舞伎で、借りる?借りない?イヤホンガイド」

花saku「ときめいて歌舞伎座へ」2013年11月
夕刊フジ「一流の世界へようこそ」2013年10月23日