今月の観どころ・聴きどころ

Facebook Twitter

今月上演される演目のみどころをイヤホン解説員がコメントします。
劇場別のタイムテーブルも一緒にご覧いただけます。

 

このページにアクセスされたきっかけは?
★簡単なアンケートにご協力ください。

回答例:「耳で観る」を見て、ホームページのトップから、ブックマークをしている等


アンケートフォーム


今月のスケジュール  来月のスケジュール
歌舞伎座 国立劇場 新橋演舞場 浅草公会堂 大阪松竹座 国立文楽劇場
 歌舞伎座 壽 初春大歌舞伎 1月2日(水)~26日(土)
演目 解説者 開演 終演 幕間
昼の部 舌出三番叟 酒井孝子 11:00 11:29 25
吉例寿曽我 三浦広平 11:54 12:29 30
廓文章 松下かほる 12:59 1:49 20
一條大蔵譚 市井佳代子 2:09 3:34  
夜の部 絵本太功記 市井佳代子 4:30 5:48 30
勢獅子 髙木美智子 6:18 6:52 20
松竹梅湯島掛額 園田栄治 7:12 8:42  
*
*
8日(火)昼の部は貸し切り(幕見席は営業)。
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ

舌出三番叟(酒井孝子)
江戸の芝居小屋では、まだ夜の明けぬ早朝、「三番叟」を舞って舞台を潔めたものでした。
「三番叟」は、能の祝典曲「翁」の後半部分に当りますが、江戸庶民は儀式性の強い「翁」よりも明るい「三番叟」を好みました。歌舞伎舞踊にとりいれられて以来、実に数多くの「三番叟もの」が作られています。
それにしても「舌出…」とは、おかしな曲名ですね!そのあたりも御説明致します。
とりわけ大きな節目の年を迎えるに当り、中村芝翫・中村魁春の両ベテランが、本年の幕開を大らかに舞って飾ります。

吉例寿曽我(三浦広平)

吉例、とはおめでたいしきたりのこと。江戸の歌舞伎のお正月では、曽我兄弟の仇討ちを下敷きにした「曽我もの」を上演することで、新たな年のはじまりをお祝いしました。またお芝居の中には、兄弟が父親の仇と初めて顔を合わせる「対面」の場面を入れることが、お約束でありました。
現在では『寿曽我対面』がその決定版として上演されますが、今回は幕末に河竹黙阿弥が書き下ろした、「雪の対面」と呼ばれる珍しい一幕をご覧頂きます。舞台は大磯の近く、初春の雪が積もる鴫立澤。曽我一万、箱王の兄弟は、父の仇である工藤祐経の駕籠がここを通ると聞きつけて、一行へ打ちかかりますが、駕籠の中から現れたのは工藤ではなく奥方、梛(なぎ)の葉御前でした…。
梛の葉には、昨年九月、およそ五年ぶりに舞台復帰を果たした中村福助。曽我一万に甥の中村七之助、箱王は弟の中村芝翫、と親戚が顔を揃えて、平成最後のお正月を寿ぎます。開演前のイヤホンガイドでは、この「雪の対面」について残された、興味深いエピソードなどをご案内します。

一條大蔵譚(市井佳代子)

常盤御前の三人目の夫は、あほうの公家だった!? というお話です。
主役の白鸚が大蔵卿を演じるのは、46年ぶり!久々の白鸚のあほうぶり、どうぞお見逃しなく!

イヤホンでは、登場人物それぞれの心に秘めた思いが感じとれるように解説したいと思います。


 国立劇場 初春歌舞伎公演 通し狂言「姫路城音菊礎石」
 1月3日(木)~27日(日)
解説者 開演 終演 幕間
序幕~三幕目 白鳥真有子 タイムテーブルのご案内
四幕目・大詰
横阪有香
* タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ

姫路城音菊礎石 序幕~三幕目(白鳥真有子)
国立劇場のお正月といえば、音羽屋!
音羽屋ならではの、趣向を凝らした楽しい舞台を毎年心待ちにされている方も多いのではないでしょうか。
今回は播磨国、現在の兵庫県を舞台にした物語です。
物語前半の舞台は姫路城。世界遺産として、また様々な逸話や、ちょっと不思議な伝説を持つお城としても有名です。
原作者の並木五瓶は、奇抜な演出で人々の話題をさらった作者で、この作品には姫路城に伝わる刑部(小坂部/おさかべ)姫の伝説を物語に取り入れています。

前半の解説では姫路城や、お城に関わった人々などについてご紹介する予定です。

 新橋演舞場 初春歌舞伎公演 1月3日(木)~27日(日)
演目 解説者 開演 終演 幕間
昼の部 義経千本桜 鳥居前 すぎはらちゅん 11:30 12:10 25
極付 幡随長兵衛 おくだ健太郎 12:35 2:11 30
三升曲輪傘売 飯村絵理子 2:41 2:54  
夜の部 鳴神 吉崎典子 4:00 5:23 20
牡丹花十一代 濱口久仁子 5:43 6:02 25
俊寛 おくだ健太郎 6:27 7:42 30
春興鏡獅子 青木房枝 8:12 9:09  
*
*
*

8日(火)、14日(月・祝)、18日(金)、23日(水)は昼の部のみ。

9日(水)は夜の部のみ。
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ

牡丹花十一代(濱口久仁子)

市川海老蔵の祖父十一世市川團十郎の生誕百十年の記念作品です。題名の<なとりぐさ>は牡丹の別名、成田屋にゆかりの深い花を冠して祖先を忍び、またお正月らしく華やかな舞台を展開します。見どころは何といっても、海老蔵の長女麗禾ちゃんと長男勸玄君の登場。それぞれ手古舞と鳶に扮して、大活躍してくれます。海老蔵の粋な若頭振りにもご注目、更に中堅・若手たちも打ち揃って賑やかに舞台を盛り上げます。最後はお客様へのサプライズプレゼントも用意され、新年の幕開けにふさわしい作品でございます。

 

春興鏡獅子(青木房枝)
平成最後の新春を寿ぐ大喜利の舞台は、九代目市川團十郎によってつくられた、新歌舞伎十八番の内の『春興鏡獅子』でございます。
市川宗家の市川海老蔵 成田屋でご覧いただきます。
正月15日のお鏡曳きの余興に、たおやかな女小姓が将軍の前で秘蔵の獅子頭を持って踊るうちに、その獅子頭の精が乗り移り、胡蝶と戯れながら勇壮な獅子の狂いをみせて舞い納めるという長唄の舞踊の大曲で、名優六代目尾上菊五郎の完璧な技術の裏づけで完成された名曲でございます。
美しい女形の娘と荒々しい立役の獅子を、一人の俳優が踊り分けるというその対比の妙が見所で魅力ある作品でございます。

お楽しみください。


 浅草公会堂 新春浅草歌舞伎 1月2日(水)~26日(土)
演目 解説者 開演 終演 幕間
第1部 お年玉〈年始ご挨拶〉 11:00 11:05 0
戻駕色相肩 阿部さとみ 11:05 11:40 20
義賢最期 佳山泉 12:00 1:25 25
芋掘長者 齋藤智子 1:50 2:30  
第2部 お年玉〈年始ご挨拶〉 3:00 3:05 10
寿曽我対面 五十嵐大祐 3:15 4:00 25
番町皿屋敷 奥山久美子 4:25 5:45 25
乗合船恵方萬歳 中川美奈子 6:10 6:40  
*
*

14日(月・祝) 第1部は休演。

タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
伝統文化新聞コラム
歌舞伎・文楽 ミニ知識
イヤホン解説余話
 観どころ・聴きどころ

義賢最期(佳山泉)
長らく上演が途絶えていたのを大正の頃に7代目坂東三津五郎が上演。その後また途絶えていたのを戦時中に十二代目片岡仁左衛門が復活。この時の初日、初めて見る観客は壮絶な最後の仏倒れを見て、事故かと思ったそうです。
この型を当代仁左衛門が孝夫時代の21歳の時に時代物の初主演で上演し、出世作となった演目です。さらに立ち廻りでは、危険な技、“戸板倒れ”を加え、練り上げられました。
その後、様々な俳優で上演されるようになりますが、片岡愛之助が仁左衛門監修で演じたものも話題となり、浅草歌舞伎でも演じられました。
源氏再興を想いながらも無念の最期を遂げる木曽先生義賢。その悲壮感に尾上松也が挑みます。

その奮闘ぶりをご案内致します。

芋掘長者(齋藤智子)

狂言のようでもあり、おとぎ話のようでもあり、華やかでほんわかした可笑しみに満ちた一幕です。
日本でいちばん舞いの上手な男を婿にとる、というお姫さまのもとに集まってきた男たちが、自慢の踊りを披露する――という筋立てで、さまざまに工夫を凝らした求愛ダンスがお楽しみとなります。
「芋掘長者」は、もともと坂東巳之助の父・十世三津五郎が過去の音源などを頼りに45年ぶりに復活させた舞踊劇で、今回は、巳之助と橋之助が、それぞれ父が演じていたお役を受け継いで踊ります。
なんといっても見どころは、現在の坂東流家元であり、代々踊りの名手を輩出している坂東三津五郎家の巳之助が、踊り下手な田舎者を演じるところ。この屈折した設定が、得も言われぬ面白さとなって舞台を盛り上げます。
初春の浅草歌舞伎、昼の部を締めくくるにふさわしい、幸せな気分に満ちた舞踊劇をお楽しみください。

番町皿屋敷(奥山久美子)
番町皿屋敷と聞くと、怪談話と思われるかもしれませんが、このお芝居は男女の恋愛を中心に描かれています。お付き合いを始めると相手にどう思われているか気になるものです。女性の場合、彼氏にちょっと拗ねてみたり甘えてみたりと気持ちで訴えると効果バツグンかもしれませんが、このお芝居では、主人公の青山播磨の恋人であるお菊が、家宝のお皿を使って相手の気持ちを確かめようとします。男心は案外、繊細で傷つきやすいようです。ぜひカップルでご覧になることをお勧めいたします。

乗合船恵方萬歳(中川美奈子)
第二部大喜利は、舞踊「乗合船恵方萬歳」をご覧いただきます。
舞台は初春の隅田川、待乳山聖天下から三囲神社を結ぶ竹屋の渡し。その渡し舟に乗り合わせた人びとを七福神に見立てたおめでたい作品で、今回の公演では、若手花形9人全員が勢揃いする豪華版です。登場人物の職業はさまざまで、お正月を祝いに江戸へやってきた三河萬歳を中心に、通人・大工・芸者などなど、江戸の職業図鑑、ファッション事典といった面からもお楽しみいただけます。
この踊りが誕生した天保年間は、大飢饉が各地を襲い、贅沢を厳しく取り締まる天保の改革が行われましたので、歌舞伎にとっては受難の時代でもありました。しかし、この「乗合船恵方萬歳」をご覧いただけば、江戸の人びとがそんな風潮に負けないエネルギーを持っていたことを感じていただけると存じます。
明るく縁起の良い「乗合船恵方萬歳」、ご覧いただけばきっと素晴らしい一年になることでしょう!
 大阪松竹座 壽初春大歌舞伎 1月2日(水)~26日(土)
演目 解説者 開演 終演 幕間
昼の部 土屋主税 鈴木多美 11:00 12:15 35
寿栄藤末廣 高木秀樹 12:50 1:10 25
河庄 1:35 3:00  
夜の部 金門五三桐
発端・序幕
横出葵 4:00 4:50 20
金門五三桐
二幕目
5:10 5:45 30
金門五三桐
三幕目
6:15 7:15 15
金門五三桐
大詰
7:30 8:15  
* 4日(金)、26日(土)夜の部は貸し切り。
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ

土屋主税(鈴木多美)

明治40年初演「土屋主税」は「忠臣蔵」外伝…スピンオフ作品とお考え下さい。討入りを明日に控えた赤穂浪人大高源吾は俳句の師匠の晋(宝井)其角に他所ながら別れを告げに来ます。其角が「年の瀬や水の流れも人の身も」と詠むと源五は「明日待たるるその宝船」と付けます。其角はこのやり取りを吉良上野介の隣家の旗本土屋主税に話すと主税は句の真意を推理して…。初代中村鴈治郎から土屋主税を引き継いだ二代目・三代目鴈治郎(現坂田藤十郎)は「この役は初代鴈治郎の気持ちにならないとできないスターの芝居」と語ります。

 

金門五三桐(横出葵)
「もし、大泥棒の石川五右衛門が、外国の将軍の血を引いていて、かつ明智光秀に育てられていたとしたら・・?」という奇想天外なフィクションです。
五右衛門の「絶景かな、絶景かな」で知られる「南禅寺山門の場」を、前後も含めて通し狂言でご覧頂ける珍しい機会。華やかな演出と、愛之助さんの大奮闘で見どころ満載です!

イヤホンガイドでは、複雑な人間関係や、どんでん返しを繰り返すストーリーもしっかりご理解頂けるような解説を心掛けました。


 国立文楽劇場 初春文楽公演 1月3日(木)~25日(金)
演目 解説者 開演 終演 幕間
第一部 二人禿 渡辺まり タイムテーブルのご案内
伽羅先代萩 高木秀樹
壺坂観音霊験記 鈴木多美
第二部 冥途の飛脚 渡辺まり
壇浦兜軍記 高木秀樹
* 15日(火)は休演。
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ

壺坂観音霊験記(鈴木多美)

明治初期に活躍した人形師松本喜三郎はまるで生きているような「生(いき)人形」を作り「西国三十三所観音霊験記」という見世物を出して評判となりました。浄瑠璃「壺坂観音霊験記」は明治12年に生人形人気に当て込んで大阪で33段返しのからくりにした連作浄瑠璃の中で登場しました。その後豊澤團平と妻のお千賀が改訂し、明治20年大阪稲荷の彦六座で「観音霊験記」として上演されました。「沢市内の段」は三代目竹本大隅太夫が語り、三味線は豊澤團平です。お里のクドキ「三つ違いの兄さんと」など聞きどころが満載です。


 
歌舞伎座 国立小劇場 国立大劇場        
 歌舞伎座 二月大歌舞伎 2月2日(土)~26日(火)
演目 解説者 開演 終演 幕間
昼の部 義経千本桜 すし屋 園田栄治 11:00    
暗闇の丑松 高木秀樹      
団子売 髙木美智子      
夜の部 熊谷陣屋 おくだ健太郎 4:30    
當年祝春駒 中川美奈子      
名月八幡祭 市井佳代子      
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ


 国立小劇場 二月文楽公演 2月2日(土)~18日(月)
演目 解説者 開演 終演 幕間
第一部 桂川連理柵
石部宿屋の段
六角堂の段
渡辺まり 11:00    
桂川連理柵
帯屋の段
道行朧の桂川
松下かほる   1:50  
第二部 大経師昔暦
大経師内の段
髙橋ひさし 2:30    
大経師昔暦
岡崎村梅龍内の段
奥丹波隠れ家の段
鈴木多美   5:30  
第三部 鶊山姫捨松 松下かほる 6:00    
壇浦兜軍記 高木秀樹   8:40  
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ
大経師昔暦 岡崎村梅龍内の段・奥丹波隠れ家の段
(鈴木多美)

この季節、喉が弱い方にはつらい時期ですね。「奥丹波隠れ家の段」の奥丹波は茂兵衛の郷里です。大阪から福知山線特急で約1時間10分「柏原(かいばら)」駅近くに駈落ちしたおさん茂兵衛が捕まった通称「おさんの森」があります。ここは旧山陰街道の竹林で近くの山田という所が茂兵衛の実家で、ここまで追手が迫ったのです。二人は西国に逃げようと竹林に隠れましたが、おさんが咳をしたため見つかってしまい遂に捕縛されたのです。土地の人々はこの場所に祠を建てて「咳神(せきがみ)さん」と呼び、咳や痰の病気に悩む人が願掛けをするそうです。

 国立大劇場 第62回日本舞踊協会公演 2月16日(土)
演目 解説者 開演 終演 幕間
夜の部 富士の雪 濱口久仁子 4:30    
汐汲 横阪有香
     
夕顔棚 濱口久仁子      
光秀 横阪有香      
お七 濱口久仁子      
* 公演は16日昼の部/夜の部、17日昼の部/夜の部がありますが、16日夜の部のみ イヤホンガイド(日本語版と英語版:ご使用料500円)を実施いたします。
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ