今月の観どころ・聴きどころ

Facebook Twitter

今月上演される演目のみどころをイヤホン解説員がコメントします。
劇場別のタイムテーブルも一緒にご覧いただけます。

 

このページにアクセスされたきっかけは?
★簡単なアンケートにご協力ください。

回答例:「耳で観る歌舞伎」を見て、ホームページのトップから、ブックマークをしている等


アンケートフォーム


歌舞伎座 国立劇場 巡業 松竹大歌舞伎 出石永楽館 国立文楽劇場 新橋演舞場
 歌舞伎座 吉例顔見世大歌舞伎 11月1日(水)~25日(土)
  演目 解説者 開演 終演 幕間
昼の部 湧昇水鯉滝 鯉つかみ 奥山久美子 11:00 12:10  35
奥州安達原
環宮明御殿の場
高木秀樹 12:45 2:12 25
雪暮夜入谷畦道 直侍 髙木美智子 2:37 3:40  
夜の部 仮名手本忠臣蔵
五・六段目
市井佳代子 4:30 6:05 30
恋飛脚大和往来 新口村 櫻井真帆 6:35 7:26 15
元禄忠臣蔵
大石最後の一日
おくだ健太郎 7:41 9:01  

*23日夜の部は貸し切り(幕見席は営業)。
*タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

 観どころ・聴きどころ

鯉つかみ(奥山久美子)
鯉つかみは、主人公と鯉の精が格闘する演出のことを言います。今回は「湧昇水鯉滝」というお芝居ですが、そう言えば、今年の1月に行われた市川右團次襲名披露公演で「雙生隅田川(ふたごすみだがわ)」という通し狂言にも鯉つかみの場面があったとご記憶の方も多いと思います。今回は、本水を使った場面の他にも、今までにはなかった新しい演出が随所に盛り込まれた楽しい舞台となっております。主演は、来年の1月に十代目松本幸四郎を襲名される市川染五郎さん。染五郎さんが主人公の滝窓志賀之助と鯉の精を目まぐるしい早替わりで演じますので、どうぞお見逃しのないように目を凝らしてご覧ください。

奥州安達原(高木秀樹)
とにかくスケールの大きな物語。中村吉右衛門演じる安倍貞任は奥州に“独立国家”建設を目指しております。これは天皇を中心とする国家への大胆な挑戦です。
企みを記した密書を取り戻すため、貞任は貴族に化けて京の都へ侵入。そこで妻の袖萩(中村雀右衛門)、娘お君と再会します。野望を遂げるため妻子を捨てていた貞任。しかし再び目にした袖萩は盲目であり、その不憫な姿に貞任の心は揺れるのです。家族的な側面と天下国家を揺るがす騒動、その二つが絡み合った見どころの多い作品です。


仮名手本忠臣蔵 五・六段目(市井佳代子)

連続テレビ小説「わろてんか」の中で、松坂桃李演じる猪が、出トチリをしてブーイングを受けるシーンがありましたが、あの猪は本当はどういう場面で出て来るはずだったのか、このお芝居を見るとわかりますよ。
世間に賞讃された仇討ち成功の陰で、悲運に見舞われ、一人散っていった早野勘平の物語。
久々に東京で勘平を演じる仁左衛門の至芸をお見逃しなく!

 

恋飛脚大和往来 新口村(櫻井真帆)
雪景色のなかに寄り添う一組の男女、雪よけの糸立てをすっと開けるとほうかむりをした顔がみえて…、という幕開きの風情が秀逸です。公金横領で追われる身の忠兵衛と、恋人の傾城梅川は揃いの着物を着ています。比翼の衣裳(ペアルック)をまとう男女には死の影がつきものです。「盗みする子は憎のうて縄かくる人が恨しい...」。生きては二度と会えない息子を見送る年老いた父親の悲哀が胸に迫ります。親子の情愛の深さを描いた上方歌舞伎の名作です。

 国立劇場 十一月歌舞伎公演 11月3日(金・祝)~26日(日)

演目 解説者 開演 終演 幕間
坂崎出羽守
第1幕・第2幕
園田栄治 12:00 12:50 35
4:00 4:50 15
坂崎出羽守
第3幕・第4幕
1:25 2:45 25
 5:05  6:25 35
沓掛時次郎 横出葵 3:10 4:30  
7:00 8:20

* 10日(金)、17日(金)は4:00開演それ以外の日は12:00開演)
* タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

 観どころ・聴きどころ

 巡業 松竹大歌舞伎 11月1日(水)~26日(日)

演目 解説者 上演時間 幕間
義経千本桜 すし屋 鈴木多美 1時間35分 25
釣女 35分  

* 開演時間は会館により異なります。
* タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

 観どころ・聴きどころ

義経千本桜 すし屋(鈴木多美)
この秋、中村獅童が帰ってきます!
待望の復帰舞台は「義経千本桜」すし屋の場のいがみの権太。「いがみ」とは非行に走った者です。大和(奈良県)下市村のすし屋弥左衛門の息子権太は盗み騙りをする小悪党で、父親から勘当の身の上です。弥左衛門は源氏方が行方を追う平家の平維盛を匿いますが、権太が気付いて金にするため訴人します…。数々の名優たちが洗い上げたいがみの権太に、どうぞご期待ください。

釣女(鈴木多美)

大名某は良い女性と結婚したいと思い立ち、えびす様を祀る兵庫県の西宮神社に参詣します。西宮神社は昔から縁結びのパワースポットとして有名で、家来の太郎冠者も妻が欲しいので主人に同行します。信心深い大名は美女と出会いますが、いい加減な信心の太郎冠者にはどんな女性が現れるのでしょうか。狂言「釣針」を元にした松羽目ものの舞踊です。捧腹絶倒の愉快な一幕をお楽しみ下さい。

 出石永楽館 第十回永楽館歌舞伎 11月4日(土)~12日(日)

演目 解説者 開演 終演 幕間
仙石騒動 序幕
髙橋ひさし 11:30 12:40 15
4:00 5:10
仙石騒動 二幕目 12:55 1:05 5
5:25 5:35
仙石騒動 大詰 1:10 1:40 30
5:40 6:10
弥栄出石賑 2:10 2:30  
6:40 7:00

* 9日(木)、12日(日)は11:30開演のみ
* タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

 観どころ・聴きどころ
 国立文楽劇場 11月文楽公演 11月3日(金・祝)~26日(日)
  演目 解説者 開演 終演 幕間
第一部 八陣守護城 渡辺まり タイムテーブルのご案内
鑓の権三重帷子 松下かほる
第二部 心中宵庚申 高木秀樹
紅葉狩 兼松正昭

* 15日は休演。
* タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

 観どころ・聴きどころ

鑓の権三重帷子(松下かほる)
妻敵討ち(めがたきうち)を描いている作品。不義密通の相手、現代風にいうなら女房の不倫の相手の男を夫が討ち果たすのが妻敵討ちだ。これは敵討ちとして公に認められていた。妻敵(めがたき)を討つことによって夫の面目は保たれたのだ。不義密通に対する道徳的な考え方や江戸時代の男女のあり方は今とは雲泥の差。こうした時代背景の中で、茶道指南の夫を持つ女房おさゐは夫の弟子の権三との不義密通を疑われ、二人は命を落とすのだが、実は二人の間には不義密通の事実はなかった。この一見理不尽に思える妻敵討ちに至るまでの二人の心理や行動や当時の女の立場などが繊細に描かれてゆく。現代社会では理解しがたいところもあるが、そこが見どころでもある。

心中宵庚申(高木秀樹)
近松門左衛門作の心中物。他の心中作品とは異なり、心中する二人が何と夫婦なのです。心中物と言えば大抵「妻子ある男性が遊女を好きになり、その遊女と心中を・・・」というパターン。ところがこの作品では主人公の二人、お千代と半兵衛が夫婦なのに心中しなければなりませんでした。

それは何故なのか。一言で言えば原因は「嫁姑問題」です。今も昔も変わらない悩みですが、江戸時代ではそれが生死に関わってくるのです。夫婦の抱える苦しさ。近松の文章がぐっと胸に迫ってきます。

 新橋演舞場 スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』 
 10月6日(金)~11月25日(土)

  開演 終演 幕間
第一幕  ナビゲーター:谷原章介さん  
 原案:佳山泉
昼の部 11:00 11:50  30
夜の部 4:30 5:20
第二幕
昼の部 12:20 1:20 25
夜の部 5:50 6:50
第三幕 昼の部 1:45 3:10  
夜の部 7:15 8:40
   
終日休演 : 10月12日(木)、20日(金)、31日(火)、11月8日(水)、17日(金)
昼の部休演: 10月6日(金)
夜の部休演:

10月9日(月)、15日(日)、18日(水)、23日(月)、26日(木)、
29日(日)

11月2日(木)、5日(日)、11日(土)、14日(火)、19日(日)、
22日(水)、 25日(土)

貸し切り : 10月17日(火) 昼の部


* タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

 観どころ・聴きどころ