歌舞伎・文楽ミニ知識 - イヤホン解説余話

Facebook Twitter

「一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)」 歌舞伎座 昼の部

清盛への憎しみ
『一條・・・』は平家全盛の世にあって、源氏を再興せんと苦心する人々の姿が描かれます。さて、この演し物で活躍する一條大蔵卿とその妻、常盤御前はどのような境遇・心境にあったのでしょうか?

― 一条長成
この演し物の主人公、一條大蔵卿は歴史上の一条長成(いちじょうながなり)のこと。生没年は不明ですが、藤原氏の流れを汲み、はじめ二条天皇に、同天皇の死去(1165)後に後白河院に院司(いんし、いんのつかさ:上皇の直属機関 院庁の職員)、四位別当(院司の最高責任者)として仕えています。
保元3年(1158)に父の忠能が65歳で死去。
応保元年(1161)4月に行われた二条天皇とその近臣・文人達が漢詩を作り優劣を競った「御書所作文(ごしょどころさくもん)」に「大蔵卿長成朝臣」として列座したと記録が残っています。

保元の乱(1156)、平治の乱(1159)で平清盛が力を得、長成が仕える天皇が力を失っていったので、長成はこの演し物で見られるように、平氏をよく思っていなかったことでしょう。

一條大蔵卿は強大な平氏の権勢の世では本心を隠し、吉岡鬼次郎を介して、義子、義経に友切丸とともに希望を託したのでしょう。

― 常盤御前

常盤御前(ときわごぜん)は近衛天皇の中宮九条院(藤原呈子)の雑仕女で、後に源義朝(みなもとのよしとも)の妾(側室)となり、今若、乙若、そして牛若(後の源義経)を産みました。夫、義朝は平治の乱で平清盛と戦い、敗死します。
室町時代に成立した『義経記』では、「常盤が清盛の妾になることを条件に子供達が助命されることとなった」とあります。しかし、鎌倉時代に成立した『平治物語』では、「常盤と清盛が男女の関係となり一女をもうけた」という内容は記されていますが、常盤が清盛の意に従う事と子供達の助命の因果関係は記されていません。
常盤は後に清盛から離れ、一条長成に嫁ぎます。

この演し物で常盤御前が平清盛を夫、義朝の仇として楊弓の的にするほど憎んでいるとされているのは『義経記』の影響なのでしょう。

したたかに生きる
このように長成と常盤は生きにくい世をしたたかに生き抜いています。これはいつの時代にも大なり小なり通じるので、この演し物は共感され、人気があるのでしょう。


常盤御前・「賢女烈婦傳」歌川国芳 画
 
 

「女殺油地獄(おんなころしあぶらのじごく)」 国立小劇場

いわく付きの名作
『女殺…』は近松門左衛門晩年の作。文楽で初演されましたが、殺しの場の残酷さゆえに上演禁止になりました。明治時代になって歌舞伎で再演されて絶賛され、その後文楽でも復活しました。
江戸時代には灯油を中心とした油を販売する問屋が大坂に集まり、京や江戸へ油を供給し、栄えました。江戸時代後期に関東地方で油が生産されるようになるまでは、大坂で作られた油が江戸へ運ばれていました。食用油は、第二次世界大戦後は安くなりましたが、江戸時代は菜種油2斗(36kg)は米1石(150kg)と同じくらいの価値があり、高価でした。
親の情けが身に染むも・・・
主人公はそうした油商 河内屋の次男 与兵衛。わがままいっぱいに育ち、喧嘩、放蕩、借金と非行に走り、家庭内暴力におよび遂に勘当されます。「できの悪い子ほど可愛い」と言いますが、そんな与兵衛に渡すようにと、両親はお金とちまきを近所の同業者

江戸時代から油を製造・販売していた油商
国森家住宅(山口県柳井市)
 
お吉に託しに来て、それを見た与兵衛はさすがに親の情けが身にしみます。
しかし、借金返済に追われていたため、それで悔い改めとはいかず・・・。

「逮夜の段」で与兵衛が当時の心境を「証文で借りた金が一夜過ぎると親の難儀、不孝の罪は不届きだと思うことばかり気になって、人を殺せば人の嘆き、人の難儀ということに、少しも気がつかなかった。」と述べているので、お吉殺しに罪悪感がなかったことになるのは驚きです。自己中心の範囲が自分の家族中心に広がっただけだったのです。
イヤホンをお供に観劇されると、そうした若者の心理を克明にたどり、臨場感を感じていただけます。
文楽と歌舞伎

殺しの場では三味線演奏のテンポが速まり、緊迫した心理を見事に伝えます。文楽では特に強くそれが感じられます。この演し物が歌舞伎で上演される際には、よろしかったらご覧になり、お見比べください。

解説余話バックナンバー

 

2018年01月 「京人形」浅草公会堂・「傾城恋飛脚」国立文楽劇場
2017年12月 「寿曽我対面」ロームシアター京都・「ひらかな盛衰記」国立小劇場

2017年11月 「義経千本桜」松竹大歌舞伎 巡業・「鑓の権三重帷子」国立文楽劇場
2017年10月 「番町皿屋敷」日本特殊陶業市民会館

2017年09月 「猩々」巡業西コース・「玉藻前曦袂」国立小劇場

2017年08月 「修禅寺物語」歌舞伎座・「源平布引滝」国立文楽劇場
2017年07月 「秋葉権現廻船語 駄右衛門花御所異聞」歌舞伎座・「源平布引滝」国立文楽劇場

2017年06月曽我綉俠御所染」歌舞伎座・「二人禿」国立文楽劇場

2017年05月 「壽曽我対面」歌舞伎座・「寿柱立万歳」国立小劇場

2017年04月 「伊勢音頭恋寝刃」歌舞伎座・「菅原伝授手習鑑 寺子屋」国立文楽劇場
2017年03月 「神楽諷雲井曲毬」歌舞伎座
2017年02月 「義経千本桜 渡海屋・大物浦」大阪松竹座・「曾根崎心中」国立小劇場