今月の観どころ・聴きどころ

Facebook Twitter

今月上演される演目のみどころをイヤホン解説者がコメントします。
劇場別のタイムテーブルも一緒にご覧いただけます。

なお公演の実施に関しましては、ご来館前に各劇場のWEBサイトで最新情報をチェックいただきますようお願いいたします。

 

このページにアクセスされたきっかけは?
★簡単なアンケートにご協力ください。

回答例:「耳で観る」を見て、ホームページのトップから、ブックマークをしている等


アンケートフォーム



今月のスケジュール  来月のスケジュール
歌舞伎座 国立小劇場 シネマ歌舞伎      
 
 歌舞伎座 九月大歌舞伎 9月1日(火)~26日(土)
演目 解説者 開演 終演 幕間
第一部 寿曽我対面 三浦広平 11:00 11:45  
第二部 色彩間苅豆
かさね
奥山久美子 1:40 2:30  
第三部

双蝶々曲輪日記
引窓

横出葵 4:15 5:27  
第四部 口上 7:15   0
鷺娘 濱口久仁子   8:15  
* 7日(月)と17日(木)は休演。
*

タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

伝統文化新聞コラム
歌舞伎・文楽 ミニ知識
イヤホン解説余話
 観どころ・聴きどころ

寿曽我対面(三浦広平)
日本には「予祝」という風習があります。先にお祝いすることで神様を引き寄せて願いをかなえる―もっともポピュラーなものは秋の豊作を願う春の行事、お花見です。
第一部の『寿曽我対面』は古典歌舞伎の様式を今に伝えるお芝居ですが、江戸の昔に正月を祝い、新たな年の平穏を願ったところが随所に残されています。イヤホンガイドではそのようなポイントのご紹介と、様式美だけではない見どころについてもご案内します。
今回、再開場から二ヶ月目となる歌舞伎座では、どのような予祝の舞台となるでしょうか。どうぞお楽しみに。またネット配信の動画解説では、リアルタイムにご紹介できない話題も交えていますので、ご興味のある方は、あわせてご視聴いただければ幸いです。

 

色彩間苅豆(奥山久美子)
このお芝居は、東海道四谷怪談の作者、四世鶴屋南北の「法懸松成田利剣」という作品のなかの所作事、舞踊劇です。本名題は、「色彩間苅豆」。これは、「いろもよう ちょっとかりまめ」と読みます。間をちょっと、と読ませるところは、さすが南北、と感心してしまいますね。

ずい分と可愛らしい題名ですが、お芝居はこわーい怪談話です。現在の茨城県常総市に伝わる累(かさね)の伝説と言われるもので、旦那さまに浮気され、挙句の果てに畑で苅った豆を背負わされて川へ突き落とされ亡くなったかさねが、怨霊となり復讐する、というお話をもとに作られました。かさねの怨霊を成仏させたのが、浄土宗の高僧、祐天上人。祐天上人は悪霊祓いのスペシャリストなので、このお芝居を上演する時には、出演者が東京都目黒区にある祐天寺を訪ねて公演の無事を願い、お祓いをしてもらうのだとか。ぜひ、新型コロナウイルス祓いもしたいものです。

松本幸四郎の与右衛門、市川猿之助のかさねは、昨年の夏の巡業公演で評判となった顔合わせ。今回は、中村隼人、中村鷹之資という花形のお二人も加わり、歌舞伎座の舞台を彩ってくれることでしょう。

 

鷺娘(濱口久仁子)
一人の役者が何役も踊り抜く変化舞踊から独立した、娘舞踊の大曲です。白無垢姿の鷺の精が佇んでいる雪景色から始まり、一転して可憐な娘になり綿帽子や傘を使って艶やかに踊ります。後半は実らなかった恋のために地獄の責め苦に苦しむ様子が見せ場。変化に富んだ見応えのある作品です。
強い気力と体力が求められるこの作品は平成21年の上演以来、坂東玉三郎による全編上演はもうないとされてきましたが、今回映像と舞踊のコラボレーションで鮮やかによみがえります。上演に先立っての口上は、玉三郎のお客様への心遣いと工夫が生きた豊かな内容になっているとか、こちらもお楽しみに!

 国立小劇場 九月文楽公演 9月5日(土)~22日(火)
演目 解説者 開演 終演 幕間
第一部

寿二人三番叟

佳山泉 タイムテーブルの
ご案内
嫗山姥
第二部 鑓の権三重帷子 高木秀樹
第三部

絵本太功記
夕顔棚の段

尼ヶ崎の段
鈴木多美
第四部 解説 文楽をはじめよう
壺坂観音霊験記 渡辺まり
  【開演・終演の予定時間】
第一部:11時開演、12時35分終演
第二部:1時45分開演、3時55分終演
第三部:5時開演、6時30分終演
第四部:7時45分開演、9時終演
*

タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

伝統文化新聞コラム
歌舞伎・文楽 ミニ知識
イヤホン解説余話

 

 観どころ・聴きどころ

寿二人三番叟(佳山泉)
待ちに待った文楽公演の再開です!
再開の幕開けにふさわしい、『寿二人三番叟』は、ご祝儀曲、式曲として特別な演目『寿式三番叟』の三番叟の後半部分だけを抜き取ったもの。コンパクトながらも、五穀豊穣、子孫繁栄を祈る儀式的要素も多く、特に三番叟が踏みしめる足拍子は、地を鎮める意味もあります。まさに疫病退散。新型コロナウイルスに立ち向かう現代と重なります。まさに、今演じられるべくして演じられる演目であることをお伝えできればと思います。
また、第一部の担当とあって、イヤホンガイド再開の口火を切らせていただく意味でも、身が引き締まる思いです。


嫗山姥(佳山泉)
金太郎と言えば、今はTVCMのイメージが強いですが、いでたちはシンプルながら、英雄的にはよく知られたキャラクターです。
「嫗山姥」は、その金太郎の出生譚です。怪力の持ち主の金太郎が、どのようにして誕生したか。もちろんこれは「嫗山姥」の物語上の設定ですが、今では山姥が金太郎を生んだというのが定説です。そうなったのも、この「嫗山姥」が広く流布したことからです。
このことからも作者、近松門左衛門の影響力の高さがうかがえます。近松60歳の時の筆で、円熟味を増した浄瑠璃の文句も必見(必聴)です。

主人公八重桐の人形の特殊な仕掛けも楽しく、見た目も華やかな演目。この演目が初演された当時の江戸時代の背景も前説でご案内いたします。

 

鑓の権三重帷子(高木秀樹)
34年前の昭和61年(1986)、郷ひろみ・岩下志麻の主演で映画『鑓の権三』が作られました。原作は近松門左衛門。ふとしたキッカケで不倫を疑われた男女の物語です。江戸時代の初演からおよそ270年後の映画化で、作品にそれだけ「生命力」があるという証明です。
妻を“寝取られた”夫・浅香市之進の描き方が秀逸で「流石は近松」と思わせる筆の冴えです。どんなに愛していた妻でも、最後は夫の手で討たねばならない江戸時代の不合理さを描きます。

現在の“コロナ禍”のもと行われる文楽公演。今回はちょっと無理という文楽ファンにも、いつかは観て欲しい名作です。

 

絵本太功記(鈴木多美)

夕顔棚・尼ヶ崎の段は兵庫県尼ヶ崎が舞台です。史実の明智光秀は本能寺の変後京都平定に忙殺されて一歩も京都を離れませんでした。「なぜ光秀が尼ヶ崎に来たか?」と不思議に思いませんか。実録本「太閤真顕記」では羽柴秀吉が中国大返しの途中尼ヶ崎で光秀の家臣四王天田島頭に命を狙われました。広徳寺に逃げ込んだ秀吉は頭を丸めて僧侶に化け命拾いします。文楽ではこれを光秀が登場するように書き換えたのです。尼ヶ崎には「義経千本桜」二段目で平知盛が身体に碇を縛り付けて入水する大物浦があります。私は作者近松やなぎが光秀に天命を知り滅亡する知盛像をオーバーラップさせたと思います。

 シネマ歌舞伎 9月11日(金)~17日(木)
演目 解説者 上映時間 幕間

怪談 牡丹灯籠

第1幕
横阪有香 1時間20分  

怪談 牡丹灯籠

第2幕
1時間15分  
*

開演時間は上映劇場により異なります。
会場・開演時間など、詳細はこちら

* 「シネマ歌舞伎」の上映やイヤホンガイドアプリの実施に関しましては、ご来館前にWEBサイトで最新情報をチェックいただきますようお願いいたします。
* タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ

 
歌舞伎座 大阪城 薪能 シネマ歌舞伎      
 歌舞伎座 十月大歌舞伎 10月2日(金)~27日(火)
演目 解説者 開演 終演 幕間
第一部 京人形   11:00    
第二部 双蝶々曲輪日記
角力場
  1:30    
第三部 梶原平三誉石切   4:20    
第四部 口上   7:30    
楊貴妃        
* 8日(木)と19日(月)は休演。
*

タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

 観どころ・聴きどころ
 大阪城本丸広場 大阪城本丸薪能 10月10日(土)~11日(日)
日にち 演目 解説者 開演 終演 幕間

第一夜

10日(土)
能「千手」 中尾薫 6:00    
狂言「二人袴」      
半能「石橋」      

第二夜

11日(日)
舞囃子「安宅」 6:00    
狂言「舟渡聟」      
能「竹生島」      
* 雨天中止。
*

タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

 観どころ・聴きどころ

 シネマ歌舞伎 10月2日(金)~22日(木)
演目 解説者 上映時間 幕間

月光露針路日本

風雲児たち
飯村絵理子 2時間10分  
*

開演時間は上映劇場により異なります。
会場・開演時間など、詳細はこちら

* 「シネマ歌舞伎」の上映やイヤホンガイドアプリの実施に関しましては、ご来館前にWEBサイトで最新情報をチェックいただきますようお願いいたします。
* タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ