今月の観どころ・聴きどころ

Facebook Twitter

今月上演される演目のみどころをイヤホン解説員がコメントします。
劇場別のタイムテーブルも一緒にご覧いただけます。

 

このページにアクセスされたきっかけは?
★簡単なアンケートにご協力ください。

回答例:「耳で観る」を見て、ホームページのトップから、ブックマークをしている等


アンケートフォーム



今月のスケジュール  来月のスケジュール
歌舞伎座 国立劇場 国立劇場(親子) 神奈川県立
青少年センター
巡業東コース
松竹大歌舞伎
大阪松竹座 国立文楽劇場
 歌舞伎座 七月大歌舞伎 7月4日(木)~28日(日)
演目 解説者 開演 終演 幕間
昼の部 高時 三浦広平 11:00    
西郷と豚姫 櫻井真帆      
素襖落 濱口久仁子      

外郎売

髙木美智子      
夜の部 通し狂言 星合世十三團 成田千本桜
発端~二幕目
奥山久美子 4:30    

通し狂言 星合世十三團

成田千本桜
三幕目・大詰
横阪有香      
*

11日(木)昼の部、10日(水)、17日(水)、24日(水)夜の部は休演。

* 6日(土)昼の部は貸し切り。※幕見席は営業
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ

高時(三浦広平)
鎌倉幕府の最高権力者でありながら遊興にふけり、政治や人心を顧みない執権・北条高時の身に起こる物語。前半は歴史ドラマらしい重厚なセリフ劇ですが、後半は天狗が大活躍!という不思議な雰囲気の漂う、明治時代の新作歌舞伎です。

開演前のイヤホンガイドでは、なぜこのような新作「活歴物」が生み出されたのか、そして、この『高時』が近代の歌舞伎にとって、エポックメイキングになった逸話をご紹介いたします。ぜひ少しお早めに劇場へいらして、開演前の放送からお聞き頂ければ幸いです。

星合世十三團 発端~二幕目(奥山久美子)

このお芝居は歌舞伎の名作、義経千本桜をベースにして出来たお芝居です。題名の星合世は、勧進帳のもととなった演目で、初代團十郎が上演した星合十二段に由来したもの、十三團は、主演の市川海老蔵が演じる十三役、そして来年の五月に團十郎の名跡を十三代目として襲名することにかけたものとなっています。このお芝居のもととなった義経千本桜は、全五段と大変長いため、すべてを通しで上演することはほとんどありません。今回は、お芝居全体を四幕十三場にまとめて通しとして上演いたします。前半は、源義経と平家の武将、平知盛を中心にお話が展開していきます。兄の頼朝との仲違いで都を追われる義経、壇ノ浦の戦いで入水して果てたといわれる知盛、この二人の生き様とともに、市川海老蔵の家の芸、スケールの大きな荒事の演技をご堪能下さい。

 国立劇場 7月歌舞伎鑑賞教室 7月3日(水)~18日(木)

演目 解説者 開演 終演 幕間
歌舞伎のみかた
タイムテーブルのご案内 
菅原伝授手習鑑 車引  五十嵐大祐
棒しばり すぎはらちゅん
* 12日(金)・・2:30開演と6:30開演
それ以外の日・・ 11時開演と2:30開演
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ

棒しばり(すぎはらちゅん)
狂言でおなじみの登場人物、太郎冠者と次郎冠者は、いつも失敗ばかり。いたずら好きで、主人を困らせてばかりいます。ですが、歌舞伎舞踊『棒しばり』に登場する太郎冠者と次郎冠者は、ただものではありません。
室町時代に成立した能、狂言はおよそ600年の歴史を持つ伝統芸能です。『棒しばり』が歌舞伎化されたのは、大正5年のこと。『棒しばり』は、当時、舞踊の名人として知られた、六世尾上菊五郎と七世坂東三津五郎によって完成されました。それから100年の時を経て、今回、次郎冠者を演じるのは、四代目尾上松緑。尾上松緑丈は、日本舞踊の流派の一つ藤間流の家元でもあります。

両手を縛られたまま巧みな舞踊を披露する太郎冠者と次郎冠者の演技は、楽しいだけでなく、高度な舞踊の技を要する演目のひとつとして、今も人々を魅了し続けています。この機会をどうぞお見逃しなく。


 国立劇場 7月親子で楽しむ歌舞伎教室
 7月19日(金)~24日(水)

演目 解説者 開演 終演 幕間
歌舞伎のみかた
11:00
   
2:30  
6:30  
菅原伝授手習鑑 車引 白鳥真有子      
   
   
棒しばり   1:20  
  4:50
  8:50
* 19日(金)・・赤字青字
それ以外の日・・ 黒字と赤字
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ

車引(白鳥真有子)
今年も7月19日からは、親子で楽しむ歌舞伎教室がはじまります。
今年は歌舞伎のみかたのあと、『車引(くるまびき)』と『棒しばり』の二演目が上演されます。
『車引』は学問の神様、天神様となられた菅原道真公の物語(『菅原伝授手習鑑』)の一場面です。
歌舞伎は長編ドラマのいいシーンを抜き出して上演する形があります。『車引』はそのようにして頻繁に上演される演目で、歌舞伎の中でも大変有名な場面です。
上演時間は30分ほどですが、歌舞伎ときいてイメージするような要素がぎゅっと詰まった名場面をご覧いただけます。
イヤホンガイドもお子さんに楽しんでいただけるように、やさしい言葉でお話しします。

棒しばり(白鳥真有子)
『車引』に続いて上演される『棒しばり』は、狂言をもとにした演目です。
『車引』とはがらりとかわり、思わず笑ってしまう、とても楽しい舞踊の作品で、舞台にずらっと居並んだ歌や、三味線の人たちが演奏する音楽も、明るく華やかです。

シンプルな演出を想像力で楽しむ演目で、『車引』に登場した俳優たちが、まったく違ったキャラクターを演じるのも楽しい見所です。

 神奈川県立青少年センター 歌舞伎鑑賞教室 
 7月26日(金)~27日(土)

演目 解説者 開演 終演 幕間
歌舞伎のみかた
11:00
   
2:30  
菅原伝授手習鑑 車引 五十嵐大祐      
   
棒しばり すぎはらちゅん   1:20  
  4:50
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ

棒しばり(すぎはらちゅん)
狂言でおなじみの登場人物、太郎冠者と次郎冠者は、いつも失敗ばかり。いたずら好きで、主人を困らせてばかりいます。ですが、歌舞伎舞踊『棒しばり』に登場する太郎冠者と次郎冠者は、ただものではありません。
室町時代に成立した能、狂言はおよそ600年の歴史を持つ伝統芸能です。『棒しばり』が歌舞伎化されたのは、大正5年のこと。『棒しばり』は、当時、舞踊の名人として知られた、六世尾上菊五郎と七世坂東三津五郎によって完成されました。それから100年の時を経て、今回、次郎冠者を演じるのは、四代目尾上松緑。尾上松緑丈は、日本舞踊の流派の一つ藤間流の家元でもあります。

両手を縛られたまま巧みな舞踊を披露する太郎冠者と次郎冠者の演技は、楽しいだけでなく、高度な舞踊の技を要する演目のひとつとして、今も人々を魅了し続けています。この機会をどうぞお見逃しなく。


 巡業東コース 松竹大歌舞伎 
 二代目松本白鸚 十代目松本幸四郎 襲名披露
 6月30日(日)~7月31日(水)

演目 解説者 上演時間 幕間
襲名披露 口上 横出葵 10分 15分
引窓 1時間10分 20分
色彩間苅豆 かさね 中川美奈子 50分  
* 開演時間は会館により、異なります。
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ

色彩間苅豆(中川美奈子)
「色彩間苅豆」(いろもようちょっとかりまめ)は、ヒロインの名まえから通称「かさね」とも呼ばれる清元の名曲です。もとは「法懸松成田利剣」(けさかけまつなりたのりけん)というお芝居のひと幕で、原作者は「東海道四谷怪談」や「桜姫東文章」などで名高い四世鶴屋南北。当時の人びとにはお馴染みの、鄙びた農村で起きた恐ろしい因果話が下敷きになっています。愛らしく男に一途なヒロインかさねには猿之助、美男だけれど冷酷な与右衛門には幸四郎。ともに踊りの名手二人が、因縁の恋人たちに扮し、艶やかな清元にのって美と恐怖の世界へ誘います。蒸し暑い夏にふさわしい怪談舞踊のひと幕、どうぞご堪能くださいませ。


 大阪松竹座 七月大歌舞伎 7月3日(水)~27日(土)
演目 解説者 開演 終演 幕間
昼の部 色気噺お伊勢帰り 鈴木多美 11:00    
厳島招檜扇 齋藤智子      
義経千本桜
渡海屋・大物浦
高木秀樹      
夜の部

芦屋道満大内鑑
葛の葉

市井佳代子 4:30    
弥栄芝居賑      

上州土産百両首

園田栄治      
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ
色気噺お伊勢帰り(鈴木多美)
「色気噺…」は伊勢古市の妓楼油屋での殺傷事件を元にした歌舞伎「伊勢音頭恋寝刃」の設定を一部借ります。お伊勢参りから帰った左官喜六と大工の清八、間の抜けた喜六は二枚目の清八が油屋一の遊女お紺にモテたのを自分の話にして女房に吹聴しますが、当のお紺が訪れるので大騒動となります。作者香川登枝緒は放送作家でテレビのコメデイ「スチャラカ社員」「てなもんや三度笠」でお馴染み。これは松竹新喜劇のために書き、今回歌舞伎で初上演されます。この度紫綬褒章を受章した中村鴈治郎の喜六、その他でお楽しみ下さい。

厳島招檜扇(齋藤智子)
この一幕は、天下を手中におさめた平清盛が扇で仰ぐと、沈みかけた太陽が再び登り始めたという「清盛の日招ぎ伝説」を下敷きにしています。中国の故事にならい、「全盛期の清盛は、太陽ですら意のままに操れる」という俗説から、あでやかな祝祭劇が生まれました。
「あの人にはオーラがある」という言い方がありますが、このお芝居の清盛は、文字通り、ピカピカに光っています。歌舞伎に登場する清盛は悪役が多いのですが、このお芝居では、武士の時代を切り開いたスケールの大きな男として描かれているのです。
物語の舞台は、日本三景のひとつ、いまや世界遺産の厳島神社。清盛の時代は、平家の氏神でした。
余談ですが、清盛は、中国との貿易に積極的に取り組んでいました。ですから、清盛が厳島神社を信仰した理由のひとつに、厳島神社のある瀬戸内海が海上交通の拠点として重要だったから、というものがあります。この説を裏付けるかのように、2019年5月には、平家一門が暮らした京都東山にある六波羅邸の一部が発掘されたというニュースが飛び込んできました。屋敷跡からは、中国から輸入した高級な白磁が、たくさん出土したそうです。なんだか、天下人の息づかいを身近に感じますね。

芝居見物というハレの日にふさわしい、歌舞伎の様式美に満ちた華やかな一幕をお楽しみに。

芦屋道満大内鑑 葛の葉(市井佳代子)
陰陽師 安倍晴明が5才の時のお話です。主人公はその母の
「狐」。
中村時蔵の狐ならではの演技、特に「和歌の曲書き」が見所です。「曲書き」とは? それは見てのお楽しみです。夫婦・親子の情愛あふれる一幕をどうぞお見逃しなく!

弥栄芝居賑 芝居前(市井佳代子)
「関西・歌舞伎を愛する会」結成40周年を祝っての一幕。劇中の口上で、どんな話が飛び出すかも楽しみです。幹部俳優総出演の華やかな舞台をお見逃しなく!
 国立文楽劇場 夏休み文楽特別公演
 7月20日(土)~8月5日(月)
演目 解説者 開演 終演 幕間
第一部
親子
劇場
日高川入相花王
渡し場の段
渡辺まり 11:00    
文楽ってなあに?      
かみなり太鼓 渡辺まり   1:20  
第二部
名作
劇場
仮名手本忠臣蔵
五段目・六段目
鈴木多美 2:00    
仮名手本忠臣蔵
七段目
松下かほる   5:40  

第三部
サマー

レイトショー
国言詢音頭 高木秀樹 6:30 8:50  
* 7月26日(金)第一部、8月5日(月)第一部は貸し切り。
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ
仮名手本忠臣蔵 五・六段目(鈴木多美)
文楽劇場開場35周年記念の通し「仮名手本忠臣蔵」全3回の2回目です。今回は前回三段目で恋人おかると逢引き中に主人の刃傷事件が起こり、駈落ちした早野勘平とおかるのその後を描きます。家老大星由良助の仇討ち徒党に加わりたい勘平のため、女房おかるは遊女奉公する約束で金を拵えます。半金の50両を巡って2人の人物が殺され、金は最後に勘平の手に入りますが…。色に耽ったばっかりに「(鳥の)いすかの嘴 (はし)と喰い違い」、思い通りにならずに(武士の切腹でなく)腹を切る、勘平の無残な顛末をご覧下さい。

 
歌舞伎座 京都南座 国立小劇場 国立文楽劇場 シアターコクーン    
 歌舞伎座 八月納涼歌舞伎 8月9日(金)~27日(火)
演目 解説者 開演 終演 幕間
第一部 伽羅先代萩
御殿・床下
  11:00    
闇梅百物語        
第二部 東海道中膝栗毛
序幕
  3:00    
東海道中膝栗毛
大詰
       
第三部 新版 雪之丞変化
序幕
  6:30    
新版 雪之丞変化
大詰
       
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ


 京都南座 八月南座超歌舞伎 本公演 8月2日(金)~26日(月)

演目 解説者 開演 終演 幕間
超歌舞伎のみかた 11:00    
3:30  
お国 山三
當世流歌舞伎踊
       
   
今昔饗宴千本桜        
   
*
終日休演 :8月13日(金)
二部(3:30~)は休演し、リミテッドバージョン(下表参照)を3:30~上演 :8月4日(日)、12日(月)、
 16日(金)、21日(水)
二部(3:30~)は休演し、リミテッドバージョン(下表参照)を6:00~上演 :8月7日(水)、9日(金)、
 19日(月)、23日(金)
二部(3:30~)休演 :8月26日(月)
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ


 京都南座 八月南座超歌舞伎 リミテッドバージョン
 
8月4日(日)、7日(水)、9日(金)、12日(月)、16日(金)、19日(月)、
 21日(水)、23日(金)

演目 解説者 開演 終演 幕間
今昔饗宴千本桜   3:30    
6:00  
*
リミテッドバージョン(3:30)を上演 :8月4日(日)、12日(月)、
 16日(金)、21日(水)
リミテッドバージョン(6:00~)を上演 :8月7日(水)、9日(金)、
 19日(月)、23日(金)
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ


 国立小劇場 第25回稚魚の会・歌舞伎会合同公演
 8月15日(木)~19日(月)

演目 解説者 開演 終演 幕間
一條大蔵譚   12:00    
棒しばり        

三社祭

関三奴
       
与話情浮名横櫛     4:35  
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ

 国立文楽劇場 第29回上方歌舞伎会 8月24日(土)~25日(日)

演目 解説者 開演 終演 幕間
寿式三番叟   11:00    
4:00  

熊谷陣屋

       
   
近頃河原の達引     3:00  
  8:00
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ


 Bunkamuraシアターコクーン 市川會 三代襲名披露
 市川紅梅改め初代市川壽紅 市川ぼたん改め四代目市川翠扇
 堀越麗禾改め四代目市川ぼたん
 8月3日(土)~12日(月・祝)

 演目 解説者 開演 終演 幕間
寿式三番叟   12:00    
4:00  

高砂

       
   
口上        
   

玉兎

羽根の禿
       
   
京鹿子娘道成寺        
   
*
昼公演(12:00~)休演: 8月3日(土)
夜公演( 4:00~)休演 : 8月5日(月)、6日(火)、8日(木)、9日(金)、  11日(日・祝)、12日(月・祝)
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ