今月の観どころ・聴きどころ

Facebook Twitter

今月上演される演目のみどころをイヤホン解説者がコメントします。
劇場別のタイムテーブルも一緒にご覧いただけます。

 

このページにアクセスされたきっかけは?
★簡単なアンケートにご協力ください。

回答例:「耳で観る」を見て、ホームページのトップから、ブックマークをしている等


アンケートフォーム



今月のスケジュール  来月のスケジュール
歌舞伎座 国立劇場 平成中村座 出石永楽館 国立文楽劇場 北とぴあ  
 歌舞伎座 吉例顔見世大歌舞伎 11月1日(金)~25日(月)
演目 解説者 開演 終演 幕間
昼の部 研辰の討たれ 市井佳代子 11:00 12:30 30
関三奴 濱口久仁子 1:00 1:15 20

梅雨小袖昔八丈

髪結新三
園田栄治 1:35 3:55  
夜の部

鬼一法眼三略巻

菊畑
酒井孝子 4:30 5:45 35

連獅子

中川美奈子 6:20 7:10 20
市松小僧の女 髙木美智子 7:30 8:35  
* 23日(土・祝)夜の部は貸し切り(幕見席は営業)。
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ

研辰の討たれ(市井佳代子)
仇として討たれる側が主人公のお話です。
仇討ちの制度についてなどお話ししますので、場面と場面の変り目もイヤホンをお耳からはずさずお楽しみ下さいませ。
嫌われ者でありながら不思議な愛嬌のある幸四郎の研屋の辰次をどうぞお見逃しなく!

 

関三奴(濱口久仁子)
初演の関三十郎の名をとって名付けられた作品です。舞台は江戸日本橋、毛槍を手にした派手な衣裳の奴二人が元気よく踊ります。奴は大名行列の先頭を務め、華やかな動きで大名の威勢を示し、行列を彩りました。花魁道中や恋の駆け引きなど、勇ましい中にも色気のある様を見せてくれます。作品半ばの足拍子は奴物ならではの見せ場、二人の息の合ったリズミカルな動き・所作をお楽しみください。

 

鬼一法眼三略巻 菊畑(酒井孝子)
牛若丸は源氏再興の大望を抱き、兵法の秘書「虎ノ巻」を手に入れんと、これを所持する吉岡鬼一の屋敷へ忠臣・吉岡鬼三太と共に身分をかくして奉公中。実は鬼一、鬼三太は兄弟なのですが、幼い時に別れたまま。しかも鬼一は、今は平清盛に仕えている身です。はたして兄弟は敵か味方か?一方、鬼一の愛娘・皆鶴姫は牛若丸に恋い焦がれています。舞台一面の菊畑を背景に、兄弟の腹の探り合い、姫と牛若丸の恋模様が色彩ゆたかに展開します。ちょっと複雑な筋立ては、イヤホンガイドにて。


連獅子(中川美奈子)
日本代表の大躍進が記憶に新しい、ラグビーワールドカップ。大会マスコットの「レンジー」はこの「連獅子」がモデルです。開会式でも一部上演されたので、ご覧になられた方も多いことでしょう。この獅子はライオンではなく、中国の想像上の聖獣。遥かな聖地清涼山に住む、文殊菩薩の遣わしめなのです。日本でも、平安時代以降、魔除けの力を持つ存在として広まり、さまざまな伝説を重ね合わせ、お能「石橋」が誕生しました。そこから発想を借り、歌舞伎でも多くの「〇〇獅子」が上演されるようになったのです。中でも「連獅子」は、装束もお能そのままの豪華な舞台です。このたびの公演では、堂々たる親獅子に松本幸四郎、凛々しい仔獅子には市川染五郎。昨冬京都南座で披露され、いよいよ関東のファン待望の歌舞伎座上演でございます。前半では、本当の父子ならではの愛情や葛藤の表現、後半では、もちろんダイナミックな毛振りが見どころです。晩秋のひととき、華やかで勇壮な舞台をご堪能くださいませ。
 国立劇場 十一月歌舞伎公演 通 狂言
 「孤高勇士嬢景清 ―日向嶋―」
 11月2日(土)~25日(月)
解説者 開演 終演 幕間
序幕・二幕目 白鳥真有子 タイムテーブルのご案内

三幕目・四幕目

鈴木多美
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ

孤高勇士嬢景清 序幕、二幕目(白鳥真有子)
この物語の主人公、平景清は平安時代末に活躍した平家方の武将で、その勇猛さから、悪七兵衛(あくしちびょうえ)景清とも呼ばれます。景清は、頑丈な兜の錣(しころ/首筋を守る垂れ)を引きちぎった「錣引(しころびき)」の逸話が有名で、古くから様々な芸能に登場する人気の人物です。解説では景清を取り上げた物語、遺構などについてもお話する予定です。

孤高勇士嬢景清 三幕目、四幕目(鈴木多美)
昭和34年歌舞伎の試演会「日向嶋」で松本幸四郎(後の初代白鸚)と文楽の八代目竹本綱太夫・三味線の十代目竹澤弥七が共演しました。今では歌舞伎と文楽の共演は珍しくありませんが当時はタブーだったのです。幸四郎は特注の赤いコンタクトレンズで景清の抉った両目を表現しました。閉塞した歌舞伎を打破したい幸四郎の熱意あふれる舞台は大きな反響を呼び、出演した次男の現中村吉右衛門(当時萬之助)も父の姿に感銘を受けたのです。吉右衛門は平成17年に自ら脚色して日向嶋の景清を演じ、今回はこれまでの集大成として三度目の景清を演じます。
 平成中村座 小倉城公演 11月1日(金)~26日(火)
演目 解説者 開演 終演 幕間
昼の部 神霊矢口渡 三浦広平 11:00 12:10 30
お祭り 横阪有香 12:40 1:00 20

恋飛脚大和往来

封印切
1:20 2:45  
夜の部

小笠原騒動
序幕・二幕目

奥山久美子 3:45 4:50 25

小笠原騒動

三幕目

横出葵 5:15 6:05 20

小笠原騒動

四幕目・大詰

6:25 7:40  
* 12日(火)昼の部、5日(火)、11日(月)、18日(月)、25日(月)夜の部は休演。
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ

神霊矢口渡(三浦広平)
朝廷が南北朝に分かれ、武士も足利家と新田家がそれぞれに味方して相争う動乱の世の中。矢口の渡しの渡守、頓兵衛は金目当てに足利の味方をしますが、娘のお舟は、身分を隠した新田の若殿に一目惚れ。
物語を動かす要となる少女の恋―その切なさと激しさが、大きな見どころであります。令和元年は『先代萩』政岡や『四谷怪談』お岩さんと、初役で女方の大きな役に挑んできた中村七之助が、これも初役でお舟を演じます。
開演前のイヤホンガイドでは、以下の二つを中心にご案内します。 一、ご当地小倉、九州へ初お目見得となる平成中村座について。 二、物語のあらましと、作者の福内鬼外について。

ご興味のある方は、ぜひお早めに劇場へお越し頂いて、お耳を拝借できれば幸いです。

小笠原騒動 序幕・二幕目(奥山久美子)

このお芝居は、江戸時代中期に小倉藩で実際に起こったお家騒動をもとに作られました。小倉藩五代目藩主小笠原忠苗の家老だった犬甘兵庫は、天明の飢饉などで落ち込んだ藩の財政を立て直そうと行った厳しい倹約令が、人々の反感を買ってしまいます。農民たちは、容赦のない年貢の取り立てに我慢の限界を超え、ついには一揆を起こし、犬甘兵庫は失脚します。このお芝居では、犬甘兵庫が犬神兵部の名で悪人として登場します。小倉藩の物語をご当地で、しかも小倉城の近くで観ることが出来る。きっと臨場感あふれる舞台となることでしょう。十八世中村勘三郎が「江戸時代の芝居小屋を再現したい」と立ち上げた平成中村座。今回が九州初上陸となります。俳優と観客の距離が近い芝居小屋の熱気を存分にお楽しみください。

 出石永楽館 第十二回永楽館歌舞伎
 11月4日(月・休)~10日(日)
演目 解説者 開演 終演 幕間

道成寺再鐘供養
仙石権兵衛出世噺

発端・序幕
すぎはらちゅん 11:30 12:15  20
4:00 4:45 

道成寺再鐘供養
仙石権兵衛出世噺

二幕目
12:35 1:20 10
5:05 5:50

道成寺再鐘供養
仙石権兵衛出世噺

大詰
1:30 1:50 20
6:00 6:20
滑稽俄安宅新関 2:10 2:55  
6:40 7:25
* 10日(日)は11:30開演のみ。
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ


 国立文楽劇場 11月文楽公演 11月2日(土)~24日(日)
演目 解説者 開演 終演 幕間
第一部

心中天網島 
北新地河庄の段

渡辺まり タイムテーブルの
ご案内

心中天網島 
天満紙屋内の段
大和屋の段
道行名残りの橋づくし

高木秀樹
第二部

仮名手本忠臣蔵

八段目
髙橋ひさし

仮名手本忠臣蔵

九段目
高木秀樹

仮名手本忠臣蔵

十段目・十一段目
松下かほる
* 13日(水)は休演。
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ

心中天網島 天満紙屋内の段~道行名残りの橋づくし
(高木秀樹)

前の「河庄の段」に続く後半。この物語が他の心中物と異なるのは、心中する当人以上に周囲の人物が重要だということ。その人物が河庄の段では治兵衛の兄・孫右衛門でした。ここ「紙屋内の段」では治兵衛女房おさんとなります。
おさんにとっては「恋敵」とも言える遊女の小春を懸命に身請けしようとする「女どうしの義理」というところが、この段の大きなポイント。治兵衛という同じ男を愛し合った不思議な「連帯感」のようなものがあったのです。複雑な感情を描く近松の「最高傑作」と言われる名作。

仮名手本忠臣蔵 九段目(高木秀樹)
「忠義にならでは捨てぬ命、子ゆえに捨つる親ごころ…」。九段目「山科閑居の段」で死を前にした加古川本蔵が口にする言葉です。武士たるものは本来、忠義のために死ぬもの。それを本蔵は子供、かわしい娘を嫁入りさせるため命を捨てます。
つまり「忠義より我が子への情愛の方が大切」と語るのです。『忠臣蔵』は武士の忠義ばかりを描いた作品ではありません。忠義より大切なものがある…。それを描いた九段目こそが作者の「本音」なのかも知れませんね。

演奏は前半が竹本千歳太夫に豊澤富助。後半は竹本藤太夫に鶴澤藤蔵(ノリノリで弾きまくります)。ふだん東京の国立劇場でご覧の皆様、たまには大阪まで遠征してみませんか!

 
 第十七回 飛鳥山薪能 in 北とぴあ さくらホール(東京都北区) 

 11月21日(木)~22日(金)

日にち 演目 解説者 開演 終演 幕間

21日(木)

第一夜

狂言「二人大名」

能「紅葉狩」
金子直樹 6:30    
  8:50  

22日(金)

第二夜

狂言「成上り」
能「俊寛」

三浦裕子 6:30    
  8:50  
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ

歌舞伎座 国立大劇場 京都南座 新橋演舞場 国立小劇場
 歌舞伎座 十二月大歌舞伎 12月2日(月)~26日(木)
演目 解説者 開演 終演 幕間
昼の部 A
プロ
たぬき 髙木美智子 11:00    
村松風二人汐汲 中川美奈子      
壇浦兜軍記 横出葵      
Bプロ たぬき 髙木美智子 11:00    
保名 中川美奈子      
壇浦兜軍記 横出葵      
夜の部 神霊矢口渡 白鳥真有子 4:30    
本朝白雪姫譚話
横阪有香      
* 上演日
昼の部 Aプロ:2・3・8・9・14・15・20・21・26日
昼の部 Bプロ :4・5・6・7・10~13・16~19・22~25日
AプロとBプロで2番目の演目および『壇浦兜軍記』の一部配役が異なります。Bプロ『壇浦兜軍記』は日によって、遊君阿古屋の配役が異なります。
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

 観どころ・聴きどころ
 国立劇場 十二月歌舞伎公演 12月4日(水)~26日(木)

演目 解説者 開演 終演 幕間
近江源氏先陣館
盛綱陣屋
園田栄治 11:30    
 
蝙蝠の安さん 奥山久美子 2:00 3:30  
7:00 8:30  
*

午後7:00開演(Bプロ)は金曜日と24日(火)、25日(水)。『蝙蝠の安さん』のみ上演。

(13(金)Aプロ(11:30開演)は休演)
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ


 京都南座 當る子歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎
 11月30日(土)~12月26日(水)
演目 解説者 開演 終演 幕間
昼の部 輝虎配膳 三浦広平 10:30    
戻駕色相肩 濱口久仁子      
金閣寺 市井佳代子      

仮名手本忠臣蔵

祇園一力茶屋の場
高木秀樹      
夜の部 堀川波の鼓 高木秀樹 4:45    

釣女

齋藤智子      
魚屋宗五郎 市井佳代子      
越後獅子 濱口久仁子      
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ


 新橋演舞場 新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』
 12月6日(金)~25日(水)
解説者 開演 終演 幕間
昼の部 序幕 すぎはらちゅん 11:00    
二幕目      

三幕目

     
夜の部 四幕目 佳山泉 4:30    
五幕目      
大詰      
* 昼の部・夜の部 通し上演。9日(月)~11日(水)は貸し切り。
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ


 国立小劇場 12月文楽公演 12月3日(火)~15日(日)

  演目 解説者 開演 終演 幕間
鑑賞
教室
伊達娘恋緋鹿子

櫻井真帆

11:00    
2:00    
7:00    
文楽の魅力      
     
     
平家女護島
鬼界が島の段
渡辺まり   1:10  
  4:10  
  9:10  
本公演

一谷嫩軍記

陣門・須磨浦・組討の段
松下かほる 2:00    
5:00    

一谷嫩軍記

熊谷桜・熊谷陣屋の段
鈴木多美   5:40  
  8:40  
* 4日(水)、6日(金)は黒字・緑字青字。8日(日)、9日(月)、14日(土)は黒字・緑字
それ以外の日は黒字・赤字
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ


 
 国立小劇場 12月文楽鑑賞教室 
 Discover BUNRAKU-外国人のための文楽鑑賞教室
 12月9日(月)、14日(土)

演目 解説者 開演 終演 幕間
文楽の魅力 7:00    
平家女護島
鬼界が島の段
渡辺まり   9:10  
*
タイムテーブルは予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
 観どころ・聴きどころ