歌舞伎・文楽ミニ知識 - イヤホン解説余話

Facebook Twitter

「河内山(こうちやま)」 歌舞伎座 昼の部

講談をもとに
このお芝居の基は幕末~明治期に活躍した二代目松林伯円(しょうりんはくえん)が作った講談「天保六花撰(てんぽうろっかせん)」です。これは幕末、天保の世をにぎわせる河内山宗俊・片岡直次郎・金子市之丞・森田屋清蔵・暗闇の丑松・遊女、三千歳の六人が主人公。もちろんこのタイトルは平安朝の和歌の名手たち「六歌仙」をもじったものです。伯円は講談中興の祖といわれるほどの大立者で、白浪物(しらなみもの。盗賊を主人公とした出し物)を得意としたため、「泥棒伯円」と呼ばれました。

激動期を騒がせる
河内山と片岡は実在したそうですし、他の面々もモデルがいたと思われます。
当時は老中、水野忠邦が「天保の改革」を図り、幕末の足音が聞こえる変革、激動期。実際 “ お騒がせ人間 ”は多かったのでしょう。浪花節などで人気を得た「天保水滸伝」は博徒、笹川繁蔵と飯岡助五郎の姿を描いています。

胸のすく不良坊主
河竹黙阿弥はこの「天保六花撰」を脚色し、「天衣紛上野初花(くもにまごううえののはつはな)」を書きました。「河内山」は、そのうち、河内山宗俊が、江戸城の御数寄屋坊主(おすきやぼうず、僧籍の公務員で将軍直参)という身分を笠に、ケチな質屋から大金をせしめるべく、名門大名邸へ乗込み、大名をもへこませる、という痛快な一幕です。
このお話は河内山が実際に起こした事件らしく、他に御三家、水戸の藩士に美人局(つつもたせ)をし、金を脅し取ったことも。



二代目松林伯円。
新政府の方針で代表的な芸人に教導職が与えられた、大講義の姿。

芝居の文明開化
初演された明治14年頃は文明開化、西欧化の一環「演劇改良運動」が盛んで、旧来の歌舞伎は古臭いものとされ、黙阿弥作品も槍玉にあがったといいます。九代目市川團十郎などは芝居を高尚にしようと、それまでの荒唐無稽なものに代る、「活歴(かつれき、活きた歴史)」、史実に忠実な劇を始めました。
やっぱり江戸が・・・

ただ実のところ、大衆は江戸の芝居を愛し、懐かしんだようです。「悪に強きは善にもと・・・」と作者お得意の七五調名セリフも聴けるこのお芝居。観客は江戸への郷愁を誘われたのか、黙阿弥が自身の手記「著作大概(ちょさくたいがい)」に“ 極大入 ”と記したのは後にも先にもこれだけ、という大当りだったといいます。 
 

「傾城反魂香(けいせいはんごんこう)」 大阪国立文楽劇場 第1部

襖や屏風に絵を
お芝居はしがない絵師、浮世又平が、自身が描いた絵の奇跡により、土佐光起(みつおき)の名を許されるお話です。
「土佐」は水墨画など中国画の影響を脱した「大和絵」の代表的流派。「源氏物語絵巻」を描いた春日隆能(かすがたかよし)の孫が「土佐権守」に任ぜられ、土佐の姓をなのったことから、「土佐派」と呼ばれるようになったといいます。
土佐派は国風(純和風)文化に目覚めた平安貴族が邸宅の襖(ふすま)や屏風(びょうぶ)に大量の絵を必要としたことから栄え、平安朝から数百年間、宮中の「絵所(えどころ。絵画、デザインを管理)」を継ぎました。光起は江戸初期に実在した同派中興の祖で、「土佐派三筆」に数えられています。
朝廷御用と幕府御用
一方、(文楽では現在は「土佐将監閑居の段」しか上演されませんが、)このお芝居の前の段に出てくる狩野元信は「狩野派」の画家です。
狩野派は土佐派より数百年遅れてあらわれ、土佐派の大和絵に中国風のタッチを融合させた「漢画風」が特徴とされます。
江戸幕府が誕生すると、幕府の御用絵師として隆盛を極め、朝廷の「土佐派」とともに当時の日本画壇の二大流派を成したということです。

狩野元信は室町時代に、狩野派2代目として、同派が栄える基礎を築いたといいます。このお芝居は、元信の二百五十年忌に当てて書かれ、本来は彼のお話がメインです。
浮世絵の元祖

先にご紹介した土佐光起より40年ほど早く生まれた画家に岩佐又兵衛という人がいました。彼も土佐派の流れを汲み、「婦女遊楽図屏風(松浦屏風) 」=国宝(奈良市の大和文華館 所蔵。切手にもなりました。)、「三十六歌仙」=重文などの絵が今も見られます。
彼は浮世又兵衛とも呼ばれたことから、このお芝居がポピュラーになると、彼こそがお芝居の又平のモデルといわれるようになりました。また彼は大胆かつドラマチックな画風、流行りの風俗をテーマにしたこと、さらに「浮世」のニックネームから「浮世絵」の元祖ともされています。
 「松浦屏風」より「かるた」(1995年国際文通週間)

解説余話バックナンバー

 

2019年12月 「輝虎配膳」京都南座・「平家女護島」国立小劇場

2019年11月 「小笠原騒動」平成中村座・「心中天網島」国立文楽劇場

2019年10月 「碁太平記白石噺」御園座

2019年09月 「東海道四谷怪談」京都南座

2019年08月 「伽羅先代萩」歌舞伎座・「日高川入相花王」大阪国立文楽劇場

2019年07月 「高時」歌舞伎座・「日高川入相花王」大阪国立文楽劇場
2019年06月 「神霊矢口渡」国立劇場・「五条橋」国立文楽劇場
2019年05月 「曽我綉俠御所染」歌舞伎座・「妹背山婦女庭訓」国立小劇場

2019年04月 「奴道成寺」巡業中央コース・「仮名手本忠臣蔵」国立文楽劇場

2019年03月 「積恋雪関扉」国立小劇場

2019年02月 「暗闇の丑松」 歌舞伎座・「壇浦兜軍記」 国立小劇場

2019年01月 「廓文章」歌舞伎座・「二人禿」国立文楽劇場