歌舞伎・文楽ミニ知識 - イヤホン解説余話

Facebook Twitter

「身替座禅(みがわりざぜん)」 新橋演舞場

モデルは天皇?
『身替座禅』は山蔭右京という大名が、花子という女性との浮気をめぐって、怖~い奥方と攻防を繰り広げるお話で、狂言の「花子(はなご)」を下敷きにしてつくられ、明治43年に初演されました。

その基となった「花子」は狂言のなかでも最高の秘曲とされ、滅多に上演されないのだそうですが、それはこの狂言が江戸時代初期の後水尾(ごみずのお)天皇をモデルにした一種の風刺劇だからだという説があります。天皇がモデルだから軽々しく扱えないというわけです。この説によれば、「花子」の原型は室町期に成立していたものの、江戸時代に入って、主人公を後水尾天皇に見立てるようになったのだといいます。

幕府VS 朝廷
後水尾天皇は1611年に16歳で即位。4年後、徳川幕府は大坂夏の陣で豊臣家を滅ぼすと、今度は朝廷の伝統的権威を反幕府勢力に利用されることを警戒して「禁中並びに公家諸法度」を発布します。その結果、天皇は常に幕府に監視され、行動を大きく制限されることになりました。

後水尾天皇はこれに強く抵抗したため、幕府は二代将軍秀忠の娘で家康の孫の和子(まさこ)を入内(じゅだい、天皇に嫁ぐこと)させます。天皇25歳、和子14歳でした。しかしそれでも天皇と幕府の対立は止まず、やがて「紫衣(しえ)事件」、僧侶の最高位がまとえる紫衣を天皇が勝手に許したとして、幕府がこれを剥奪し、抗議した者を流罪にするという出来事が起き、これが引き金となって天皇は幕府に無断で退位してしまいました。


尾形光琳筆『後水尾天皇像』

幕府のお目付け役
狂言「花子」の冒頭で主人公は「これは洛外(らくがい)に住まいいたす者にござる」と名乗ります。普通、狂言の名乗りは「この辺りに住まいいたす…」とか「都に住まいいたす…」というように場所がはっきりしません。ところが「花子」ではより限定された「洛外」と言い、これは京の左京区にあった後水尾天皇(退位後なので、正確には「上皇」)が住んだ修学院離宮を指しているのだとか。

したがって、狂言「花子」の大名は後水尾天皇(上皇)であり、奥方は江戸から輿入れした将軍秀忠の娘、和子=後の東福門院だというわけです。そう考えると大名が奥方を怖がるのもうなずけますね。天皇にとって、和子はいわば徳川幕府から差し向けられたお目付け役なのですから。

実際の二人は

後水尾天皇は退位した後も上皇として朝廷の権力を握り、幕府に反抗し続けたため、彼と幕府の関係は冷え切ったものでした。ただ後水尾は江戸から孤立無援の京都へ入内した東福門院和子を憐れみ、終始大事にしたようで、夫妻はいわゆる政略結婚ではありましたが、その仲は大変に良かったということです。
 
「義経千本桜(よしつねせんぼんざくら) すしやの段」 国立文楽劇場 第2部

はかない境遇を
日本人は満開の桜を、やがていさぎよく散るはかなさをも想い、愛(め)でてきました。
源義経は源平の合戦で輝かしい戦功をあげるも、やがて兄の頼朝から疎まれて・・・。このお芝居は義経が都を追われてから、漂泊の途中、「一目千本」と謳われる桜花爛漫の吉野山に、ひと時、身を置いたところまでを描いています。『義経・・・』のタイトルはその義経の境遇を桜に重ねているともいえましょう。

いずれも盛者必衰
ただこのお芝居、義経はむしろ狂言廻し的役割で、中心は源平合戦で敗れ、没したはずの知盛(とももり)、維盛(これもり)、教経(のりつね)ら、三人の平家方の英雄が実は生きていて・・・というお話。彼らの運命も平家物語にいう「盛者必衰(じょうしゃひっすい、勢いあるものは必ず衰える)」であり、義経や桜に相通じますね。
平維盛が下男に
このお芝居の三段目『椎の木の段』『小金吾討死の段』『すしやの段』と続く場面は、その三人の内、維盛にまつわるくだりで、彼は、吉野の下市村にあるすし屋で下男の弥助となって、身を潜めています。すし屋の倅(せがれ)権太は、素行の悪さから勘当されていますが、弥助が維盛に違いないとつきとめて・・・。
すし桶もからむ

さて、吉野には古くから「釣瓶(つるべ)すし」という名物があります。これは吉野川で獲れたアユを桶(おけ)に詰めて、すしにしたもので、その桶の形が井戸の釣瓶(水を汲むために吊られた器)に似ていることから、こう名付けられました。お芝居のすし屋もこの釣瓶すしを作っていて、桶が舞台に出て来るばかりか、お芝居の展開にかかわる小道具にされています。

乳酸発酵させて
すしは、古くは「なれずし」といって、主にアユ、フナなどを塩と御飯とともに、数ヶ月~数年、漬け込んで作りました。こうすると乳酸発酵して腐ることがなく、アミノ酸などのうまみ成分が増すといいます。平安の頃から作られていたそうで、冷蔵庫などなかった時代の、動物性たんぱく質を保存する知恵だったのですね。今も琵琶湖畔ではこうして作られる「鮒(ふな)ずし」が名物です。強烈な臭いがするので受け付けない人もいるようですが、お酒の肴やお茶漬けにすると実に美味しいといいます。この「なれずし」が、やがて魚と酢飯を単純に合体させる寿司や鮨になりました。
早い慣れとぞ・・・
お芝居では、すし屋の娘で権太の妹のお里は、弥助に惚れ、二人は間もなく夫婦になろうというのですが、お里が早くも女房気取りで弥助に接するシーンで、浄瑠璃は「さすが、すし屋の娘とて、早い“ 慣れ ”とぞ見えにける」と語ります。
この“ 慣れ ”はもちろん「なれずし」に掛けているのです。
ゆかりの老舗
吉野の釣瓶すしは室町時代からあったらしいのですが、広く知れ渡るようになったのは、この『義経・・・』で取り上げられてからといい、今も下市町にはお芝居ゆかりの老舗(しにせ)だという「つるべすし 弥助」があります。

 
「つるべすし 弥助」のたたずまい
奈良県吉野郡下市町
 

解説余話バックナンバー

 

2020年03月 「連獅子」伝統芸能 華の舞
2020年02月 「菅原伝授手習鑑 道明寺」歌舞伎座・「道行故郷の初雪」歌舞伎座/「傾城恋飛脚」国立小劇場

2020年01月 「河内山」歌舞伎座・「傾城反魂香」大阪国立文楽劇場

2019年12月 「輝虎配膳」京都南座・「平家女護島」国立小劇場

2019年11月 「小笠原騒動」平成中村座・「心中天網島」国立文楽劇場

2019年10月 「碁太平記白石噺」御園座

2019年09月 「東海道四谷怪談」京都南座

2019年08月 「伽羅先代萩」歌舞伎座・「日高川入相花王」大阪国立文楽劇場

2019年07月 「高時」歌舞伎座・「日高川入相花王」大阪国立文楽劇場
2019年06月 「神霊矢口渡」国立劇場・「五条橋」国立文楽劇場
2019年05月 「曽我綉俠御所染」歌舞伎座・「妹背山婦女庭訓」国立小劇場

2019年04月 「奴道成寺」巡業中央コース・「仮名手本忠臣蔵」国立文楽劇場