歌舞伎・文楽ミニ知識 - イヤホン解説余話

Facebook Twitter

「高時(たかとき)」 歌舞伎座 昼の部

文明開化に沿って
明治17年、九代目市川團十郎らにより『北条九代名家功(ほうじょうくだいめいけのいさおし)』という芝居が初演されました。これは当時の「文明開化」政策の一環、演劇改良運動から生まれた「活歴物」と呼ばれるジャンルの作品です。
リニューアル歌舞伎
演劇改良運動の趣旨は「歌舞伎を、上流階級の人々や外国人が観るにふさわしい、道徳的で、心理の裏づけがしっかりし、かつ作り話ではない史実にのっとった演劇に」というものでした。高尚を好んだ九代目團十郎はこれにおおいに賛同し、「求古会」という知識人グループをブレーンにして、歌舞伎のリニューアルに熱心に取り組み、数々の活歴物の芝居を生み出しました。
活きた歴史ながら…
ところが、その團十郎の熱意とは裏腹に、活歴物の人気は、総じていまひとつ。そもそも「活歴」という呼び方そのものが、作家で劇評もした仮名垣魯文(かながきろぶん)の「活きた歴史ではあるが…(芝居ではない)」という皮肉を込めた評から生まれたといいます。
フィクションに及ばず
つまり、いくらノンフィクションをめざし、時代考証に凝って“ リアル ”を追求してみても、それまでの歌舞伎が持つ荒唐無稽(こうとうむけい、現実性がない)ながら奇抜な筋立てや趣向の面白さ、練り上げられた様式の美や魅力には及ばなかったということでしょう。
敵対する二役を
『北条…』は鎌倉幕府の14代執権、北条高時と「鎌倉攻め」で彼を自刃に追い込んだ新田義貞の事跡を描き、その敵対する二役を團十郎が勤めました。
高時は闘犬や田楽舞など、遊びにうつつを抜かして政治をかえりみず、鎌倉幕府を滅亡に導いたとされる人物です。

高時だけ残る
團十郎は、当然ながら、自堕落な高時より新田義貞役に力を入れ、学者に義貞の甲冑(かっちゅう、ヨロイカブト)を研究させ、復元するほどの熱の入れようだったといいます。
ところが皮肉なことに、その義貞より高時の方が好評だった。そして高時のくだりは新歌舞伎十八番『高時』として独立して残り、今もなお上演され続けているのです。
普遍的テーマと本来の魅力
『高時』が長く人気があるのは、いつの世にも通じる「権力者の愚かさ」をテーマにし、かつストーリーが単純明快なこと。さらに高時が、天狗にもてあそばれて天狗舞を舞ったり、「北条九代綿々たる…」と名セリフを朗々と聞かせるなど、歌舞伎本来の面白さを持っているからといえましょう。
得宗家九代目 
なお鎌倉幕府の初代執権だった北条時政に始まる北条氏の惣領(そうりょう、跡取り)の家系を得宗家(とくそうけ)といい、高時は執権としては十四代目ですが、その得宗家では九代目に当ることから“ 北条九代 ”とされています。

 

高時が自刃したとされる「腹切やぐら」(鎌倉市小町)

* 鎌倉では「やぐら」は奥行の浅い洞窟のこと。
 
 
「日高川入相花王(ひだかがわいりあいざくら)」 大阪国立文楽劇場

 

安珍・清姫伝説
安珍清姫の伝説については、多少相違はあるものの、説話として平安時代の『大日本国法華験記』(『法華験記』)、『今昔物語集』に現れます。
醍醐天皇の御代、延長6年(928年)夏の頃、奥州白河より熊野詣でに来た僧 安珍が紀伊国牟婁郡(現在の和歌山県田辺市中辺路)真砂の庄司清次の家に一夜の宿を借りた。清次の娘(清姫)は安珍に一目惚れし、夜這いをかけて迫る。安珍は参拝前に迫られても困る、帰りには立ち寄ると約束したものの、参拝後は立ち寄らずに行ってしまった。
騙されたことを知った清姫は怒って、安珍を追います。安珍は追手を渡さないよう、渡し守に頼んでいたものの、清姫は遂に蛇身に化けて川を渡るのでした。
今回、上演されるのはこの、清姫が日高川を渡るあたりのくだり。清姫は、蛇に化ける時に一瞬で形相が変わる、ガブという特殊な首(かしら)が用いられますので、その一瞬をお見逃しなく。
伝説の続き

安珍は日高川を渡り道成寺に逃げ込み、梵鐘の中に隠れますが、蛇に化けた清姫は鐘に巻き付き、炎を吐きかけ、安珍は鐘の中で焼き殺された。

道成寺ではお坊さんが、この伝説を土佐光重が描いたといわれる『道成寺縁起絵巻』を絵説きしてくれます。日本で現在、絵解き説法をしてくれるのは道成寺のみですので、訪ねた折はぜひお聴きください。

伝説の後日譚
安珍・清姫伝説は能『道成寺』や歌舞伎舞踊『京鹿子娘道成寺』の題材にもなりましたが、これらは、安珍・清姫伝説の後日譚(ごじつたん、後のお話)、鐘が再建されると、清姫の怨霊が現われ、再び鐘を落としてしまうお話です。

鳥山石燕画『今昔百鬼拾遺』より「道成寺鐘」
 
『道成寺縁起絵巻』や絵解き説法の様子も載った
道成寺フレーム切手(2008年発行)

解説余話バックナンバー


2019年06月 「神霊矢口渡」国立劇場・「五条橋」国立文楽劇場
2019年05月 「曽我綉俠御所染」歌舞伎座・「妹背山婦女庭訓」国立小劇場

2019年04月 「奴道成寺」巡業中央コース・「仮名手本忠臣蔵」国立文楽劇場

2019年03月 「積恋雪関扉」国立小劇場

2019年02月 「暗闇の丑松」 歌舞伎座・「壇浦兜軍記」 国立小劇場

2019年01月 「廓文章」歌舞伎座・「二人禿」国立文楽劇場

2018年12月 「二人藤娘」歌舞伎座・「鎌倉三代記」国立小劇場
2018年11月 「実盛物語」平成中村座・「鶊山姫捨松」 大阪国立文楽劇場
2018年10月 「華果西遊記」大阪松竹座
2018年09月 「金閣寺」歌舞伎座 ・「増補忠臣蔵」国立小劇場

2018年08月 「盟三五大切」歌舞伎座 ・「日本振袖始」国立文楽劇場

2018年07月 「河内山」大阪松竹座 ・「卅三間堂棟由来」大阪国立文楽劇場